保険の見直しをしたい、保険の相談をしたい

できれば

保険料を見直して、毎月の生活をより豊かにしたい。

現在加入している保障内容でしっかりと保障されているのか不安。

そんな方に、保険の相談をする前におススメしたいのが

保険見直しネット」です。

hoken


このホームページの情報として主に扱っているのが

保険見直しの中でも特に最近の注目度が高くなっている

医療保険やがん保険の見直し」です。

保険の見直しというと、イメージをしやすいのは

「生命保険(死亡保険)」ではないでしょうか?

死亡したときに「●●●万円入ってくる」というようなタイプの保険です。

最近の保険の加入傾向

実は最近の保険の加入傾向、保険に対する意識の高さの傾向として

生命保険統括する生命保険文化センターの報告によると

医療保険の加入率は増加し、

死亡保険の加入は減少傾向にあることが分かっています。


【2019年9月公表データより】
生命保険(個人年金保険を含む)の世帯加入率は88.7%と前回調査とほぼ同水準
若年層(29歳以下)の民保の世帯加入率は72.2%と前回調査から8.4ポイント増加
医療保険の加入率は88.5%、生活障害・就業不能保障保険(今回新たに調査を実施)の加入率は12.0%
世帯の普通死亡保険金額は平均2,255万円であり、引き続き低下傾向
生命保険文化センターより

上記の報告データからわかるのは

生命保険という大きなカテゴリーの中で見た時に

自分自身が死亡した後に役立つ、死亡保険から

自分自身が生きている間に役立つ、医療保険やがん保険といった保険に

保険加入者の主目的が移行している傾向にあります。


生命保険の中でも特に死亡保険というのは

加入が減少傾向にあるものの、

非常に存在価値が高いものであることには変わりはありません。


ただ、

日本人全体の傾向性としては、

自分自身が生きている間にしっかりと保障される保険を確保したい。

という思いを持っておられる方が増えているのかもしれません。


そのような、

医療保険やがん保険をしっかりと見直して、

これからの時代を生きていく上で役に立つ保障を

しっかりと確保していきたい。

そんな方のためにお役に立つのが「保険見直しネット」です。


保険を見直す際に

最近の傾向としてよく使われているのが

街中やショッピングモールによくある「保険無料相談」を掲げている

保険ショップではないでしょうか?

また、

保険会社や保険代理店の担当者と相談をするという方もいらっしゃいます。

そのような、

保険見直しの相談をする際に、

ご自身が

保険見直しの方向性(ビジョン)と

保険に関する基礎的な知識を持っていれば、

何よりも

保険相談において無駄な時間を使わなくなります。

保険相談を利用された方は分かると思いますが、

本格的な相談を使用と思うと、短くても1時間。

長ければ2~3時間かかってしまう場合もあります。

しっかりと保険の見直しをするにはある程度の時間も必要ですが、

ご自身が

どのように保険の見直しをしたいのか?

そして、

様々な情報提供や保険の提案をされた時に

理解がある程度できれば

大きな時間短縮になることは間違いありません。


また、

保険の無料相談と言って、相談ができたとしても

やはり相手の最終目的は「保険を売ること」でもあります。

そんな相手と、

売り手都合の保険見直しではなく、

ご自身が本当に望む保険見直しを実行するために、

事前準備として

保険見直しネット」の情報はかなり活用できるのではないかなと思います。

保険のことが気になり始めたら

相談に行く前に、

まずは「保険見直しネット」へのアクセスがおススメです。